敏感肌でも脱毛器の使用は可能でしょうか?

脱毛と言えば一般的にカミソリやシェーバーなどを使うのが一般的だと思いますがお肌への負担が大きく時間も掛かり処理残しなどの問題から脱毛サロンや自宅で出来る家庭用の脱毛器を購入されている方が増えてきています。

通常の健康なお肌の方は問題ありませんがお肌が弱かったり敏感肌の方は脱毛器の選び方には注意が必要です。

敏感肌の方が自己処理をする場合必ずといって良いほどカミソリ負けの症状が出ますよね。

赤くなったり、痛痒くなってしまったりと困る方も多いでしょう。

それでも脱毛せずにはいられませんから、選択肢の一つとして浮かぶのが脱毛器による脱毛です。

敏感肌の脱毛器の選び方

家庭用の脱毛器は今では様々なものが販売されており、手軽でサロンに行かなくてもツルツルの肌を手に入れる事ができます。

しかし敏感肌の方の心配はかぶれたりピリピリしないかでしょう。

自宅で出来る家庭用脱毛器は主に二種類

・フラッシュ(IPL)式
・レーザー式

家庭用と言われている脱毛器の脱毛方式は主にこの二種類になります

どちらの脱毛器もメラニン色素に反応して脱毛させる点は同じですがレーザー式の脱毛器は

照射範囲が狭くその一点にパワーが集中するために即効性があるためにすぐに効果が欲しい方に人気です。

その反面、効果が高い分痛みが伴い普通のお肌の方でも肌に痛みや場合によっては

肌に赤みや腫れを引き起こしますので敏感肌の方は絶対に使用は控えたほうが良いでしょう。

ではフラッシュ式の脱毛器であれば問題ないかというと注意を払いながらという条件付きで使用は問題ないでしょう

フラッシュ式の脱毛器の注意点

フラッシュ式の脱毛器は肌の奥の方にある毛細細胞に照射しますので、肌に直接光や熱が当たる事はまずありません。

ほくろや黒いシミがある場合にはその部分に照射が当たる可能性があるので、
そこは注意して避けなければなりませんが、敏感肌でもほぼ問題はないでしょう。

業務用と違い家庭用のフラッシュ式脱毛器は出力が抑えられていますので通常通りに使用する限りは肌が荒れる事は
まずありませんが、敏感肌の方となると肌がどんな反応を示すのかが心配なのも分かります

出力が調整できるフラッシュ式脱毛器を選びましょう

肌が弱かったり敏感肌の方に向いている家庭用の脱毛器として、レベル機能というのが
ついているものが売られていますので、レベル調節ができる脱毛器を買う事をおすすめします。

特に今主流のフラッシュ式の脱毛器にレベル調整できるものがあり、照射レベルを変える事ができます。

効果が現れるのはゆっくりになってしまいますが、敏感肌の方は、はじめはレベルを弱めて使う事をおすすめします。

脱毛に慣れてきてからレベルを上げていく方法でもきちんとした脱毛効果は得られますので、早く毛を無くならせたいと焦りは禁物です。

連射機能がある脱毛器を選びましょう

痛みの少ないフラッシュ式の脱毛器でも脱毛するのですから一発一発にもそれなりの出力があります。

レベル調整で弱い出力から始めるのがおススメですが更に連射機能がある脱毛器だと更に安心です

お肌の状態を見ながら弱い出力での連射にすると一発の出力は弱いですがお肌の負担を分散することが出来ますので

敏感肌の方でも安心して脱毛が出来るでしょう。

脱毛後にはしっかりとケアしましょう

その他にもいきなり広範囲を行わず、試しに少しだけテストしてみてから本格的に脱毛を行うのも手です。

また脱毛の前や後にはしっかりと冷やしてダメージを受けるのを最小限にしたり、脱毛後はきちんと保湿をする事で後にひびかない方法もあります。

特に女性はデリケートな時期がありますから、生理中や生理前後の肌の荒れやすい時期は控えるのも良いでしょう。

関連記事

  1. 美顔器として使用できる脱毛器とは?

  2. 痛くない脱毛器の選び方

  3. 妊娠中の脱毛器の使用は大丈夫?

  4. 家庭用脱毛器の安全性について

  5. 家庭用脱毛器でハイジニーナ脱毛は可能?