テレビショッピングなどで紹介されている家庭用脱毛器を含めてコスパ、性能を評価し厳選して通販で購入できるおススメの脱毛器をピックアップしています。

脱毛サロンのデメリット

2018/02/08

気になるムダ毛のないスベスベのお肌になると自分に自信が持てたり気持ちが良いですよね。

自宅で自己流でムダ毛のケアをするよりもプロに任せて安全に脱毛できますので脱毛サロンに通う方法もありますが脱毛サロンを利用するメリットと同時にデメリットもあるので注意が必要です。

料金が高額になりがち

脱毛サロンの広告でよく目にするのが千円以下の低額での通い放題のキャンペーンですが別の部位やコースに申し込まないと適用されないといった条件が設定されていることが多いですので注意が必要です

脱毛はどこで行ったとしても、基本的に安い費用ではありません。
全身コースや部位ごとの様々なコースがあり、料金も明瞭になっています。

部位ごとでは安い料金設定でも様々なコースを選択していると、最終的に予算オーバーになってしまうことがあります。
脱毛は1回では終わらず、何回かサロンに通う必要があります。
しっかりと予算を組んでいなければ、気づけば料金が思ったよりもかかる、ということも少なくありません。

予約が取れない、勧誘がしつこい

どのサロンも予約制となっていますが、自分の毛周期に合わせた予約が取れない、というのも問題点の一つです。

またお試しキャンペーンとして行った脱毛コースのその後の勧誘がしつこい、というお店もあります。
無料のカウンセリングが充実していると思っても、勧められるコースが高い物ばかりであったりなど。

他にもオプション品の売り込みも、専門用語を言われれば押しに弱い人だと買ってしまうかもしれません。
どうしても当日来店できない時には、数千円のキャンセル料を支払わなければならない場合もあります。

キャンセル料はかからなくても、1回分の回数が消化扱いになるお店もあることを覚えておきましょう。
仕事や家事で忙しい女性は、定期的に脱毛サロンに通うことが難しい人も多いようです。

脱毛サロンスタッフは医師免許は不要

確率的にかなり稀ですが、照射のパワーや時間を間違えられて、火傷の可能性もゼロではないこと。
技術不足のスタッフによる肌トラブルも、考えておかなければなりません。

脱毛サロンは、クリニックではないため医師の免許はいりません。

もちろん社内ではしっかりとした講習はされているとは思いますが皮膚科クリニックなどで医師のもと行われている医療脱毛とは違いますので強い機器は使用していないとしても、家用の脱毛器に比べれば、肌トラブルのリスクは高まります。

また脱毛サロンの光脱毛は、永久脱毛ではありませんのでまた生えてくる可能性があります。
お店での脱毛は毛が生えてこないと思っている人も多いので、間違えないようにしましょう。
永久脱毛ではないと分かっていたとしても、すぐ生えてしまい料金に対して割が合わない、と感じてしまう人もいるようです。

衛生面の不安も…。

お店の脱毛器や脱衣所など、衛生的な面で不安を持つ人もいます。
最近は個室完備で綺麗なお店もありますが、安価なコースがあるお店では脱衣所がかなり簡易的なお店もあるのです。

またVIO部分の脱毛は、同性でも見られるのは恥ずかしい場所です。
でもVIO部分は女性が脱毛したい箇所のひとつでもあるので、できれば自分で行いたいと思う人も多いのでは?
VIOは生理中は脱毛できないので、それで予約がまた取りにくくなることも考えられます。

脱毛サロンでの脱毛は、時間も予算もかかります。
またお店によって色々な制約やルールが設けてあります。
コースや割引が多様化し過ぎて分かりにくいお店もあるので、ベストな脱毛方法を考えましょう。