妊娠中の脱毛器の使用は大丈夫?

家庭用脱毛器を使用していて妊娠がわかったら、
そのまま続けて使用しても良いものなのか迷いますよね。

出産の前後と言えば妊娠、出産、産後と長い期間になります
特に普段からムダ毛の多い方なら妊娠中の脱毛処理は可能なのか気になる所です

脱毛器の使用は控えてください

妊娠すると身体のホルモンが今までとは違う働きをしますので、
出産と同時に抜け毛に悩んでいるママさんも多いですし
人によっては毛が濃くなったり、薄くなる人など様々です

濃くなれば余計に脱毛をしたいと思うでしょうが、
妊娠中の脱毛器の使用は控えておいた方が良いでしょう。

いくら毛を剃った所でキリがないといった状態になりますので、
妊娠中は毛を剃らない方が良いでしょう。

また妊娠中は肌が敏感になりますので、そんな時に脱毛器を
使うと今までは痛くなかったものが、痛いと感じる場合もあります。

そんな肌に乾燥しやすい脱毛器は不向きと言えます。
家庭用だけでなく、脱毛サロンでも妊娠が分かったら一度やめる事を勧められます。

特に胎児にフラッシュ式の光やレーザーが直接影響を与える訳ではありませんが、
妊娠中のお母さんの肌に影響しやすいと考えられています。

通常であれば脱毛で万が一肌が炎症を起こしたりかぶれが起きたとしても
塗り薬や飲み薬を処方すれば済みますが妊娠中は薬を処方出来ません
出産後の育児中の場合、母乳にも影響が表れます

そういった意味でも出産前後の脱毛は控えたほうが良いでしょう

出産前後にムダ毛処理する方法

髪も抜ける時期ですし、肌ももちろん妊娠前には戻りきっていないため、
脱毛器を使用するのは授乳期が終わる頃まで待つことをおすすめします。

「そんな長い間、脱毛できないなんて耐えられない!」
「恥ずかしくて定期検診にも行けない」

そんな声が聞こえてきそうですが普段から脱毛していた人には少しの
ムダ毛も気になりますしもともと毛深い人だったら尚更だと思います

それでは妊娠中や産後には脱毛できないのかというとそうでもありません。

脱毛器や強い薬でムダ毛を溶かすような除毛クリームはおすすめ出来ませんが
パイナップル酵素のローションなどは使用が出来ます。

自然由来のパイナップル酵素は毛を細く柔らかくする働きがありますので
妊娠中や肌の弱い方のムダ毛処理には向いています。

イソフラボン配合のローションであれば乾燥しやすい産前産後の
ママには保湿効果もありますのでムダ毛に悩まれている方はオススメです

あくまでもローションですので除毛クリームなどのような即効性は無く
酵素の力で毛を細く目立たなくし生えずらくする働きですので脱毛というより抑毛が正解でしょう

通常の脱毛処理が出来るまでは数か月待つ必要がありますので電気シェーバーなどを
併用しながら徐々にローションで新しい毛を生えずらくさせる働きがありますので
どうしてもムダ毛が気になる方は安心して使える妊娠中のムダ毛対策です

お得な3本セット用

関連記事

  1. 痛くない脱毛器の選び方

  2. 敏感肌でも脱毛器の使用は可能でしょうか?

  3. 美顔器として使用できる脱毛器とは?

  4. 家庭用脱毛器でハイジニーナ脱毛は可能?

  5. 家庭用脱毛器の安全性について